忍者ブログ
主にネオロマ、乙女ゲームの二次、夢小説を連載しております。
 93 |  92 |  91 |  90 |  5 |  4 |  3 |  2 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

魔法のコトバ3です。


「金ヤンなんだよ急によびだして。」
金澤の顔を見るなり土浦が口を開いた。
「まあまあ、そんな急かすなよ。」
と、言いながら金澤はパンフレットを二人に手渡した。
パンフレットの表紙にはN音楽コンクールと書かれてある。
「これって・・・。コンクール?」
最初に口を開いたのは香穂子だった。
「そうだ、楽器別音楽コンクールだ。」
「でっ?」
土浦が不機嫌な顔で金澤に話しかける。
「まあ、そんなに不機嫌になるな。とりあえず話を聞けよ。お前らこの学園に付属の
音大があるのは知ってるだろう?」
『はい』
「お前ら二人は音大を目指してる」
『はい』
「このコンクールで優勝までいかなくても、そこそこの成績を取れば学校推薦が可能
になるわけだ。」
話終わると、黙って二人を見ていた。
「要は、大学に入れてやるから実力を見せてみろ。そういう事か・・。」
眉間にシワを寄せて土浦の機嫌は益々悪くなる。
「まぁ、土浦あからさまに不機嫌になるなよ。考え方次第だぞ。」
「考え方次第??」
「あぁ。お前さんたち今から普通受験で音大入るのは少し、日野の場合はかなり
厳しいだろ?」
「はっきり言いますね・・。」
「今更隠しても仕方ないだろ?自分でも嫌というほど実感してるんじゃないか?」
「・・・。まぁ、そうですけど。」
「で、話を戻すとだ。今自分が世の中でどの位の位置にいるのか、どれだけ実力
があるのか知るいい機会かもしれんぞ。このコンクールは、規模的にはそんなに
大きくないが有名になる演奏家なんか何人かも出てる、王崎や月森なんかも昔出
てたみたいだしな。実力もわかるし、成績次第では音大にも入れる一石二鳥だぞ。
どうだ?」


                                    つづく

 

 

あとがき
すごい途中ですみません。短くまとまりませんでした。
金ヤンってこんな感じ??だと思うんですが・・・。
コンクールは私の想像上のものですので。あしからず。

                       だっち2011・6・10 

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
だっち
性別:
女性
職業:
主婦
自己紹介:
異国在住の平凡主婦です。
カウンター
最新コメント
[05/25 詩織]
ご協力お願いします
お気に入り
「華ヤカ哉、我ガ一族」公式サイト 「華ヤカ哉、我ガ一族」公式サイト 「華ヤカ哉、我ガ一族」公式サイト
忍者アナライズ
Copyright ©  異国の主婦の妄想空間  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Template by tsukika忍者ブログ [PR]