忍者ブログ
主にネオロマ、乙女ゲームの二次、夢小説を連載しております。
 92 |  91 |  90 |  5 |  4 |  3 |  2 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

魔法のコトバ2です。
ではどうぞ

天羽に月森のことは適当に(?)ごまかし逃げるようにして教室に入った。
自分の席に行くと、隣に席の土浦に『おっす』と声をかけられた。
進級するにあたってクラス替えがあり、私は加地君と土浦君と同じクラスになった。
加地君は、同じクラスだとわかると『奇跡ってあるんだね』とか言って、
私の手を握り締めて喜んでいたけど。そこまで喜ばなくてもだよね・・・。
友達居ないわけじゃないのに・・・。
あと実は土浦君も将来音楽の道に進むことを決め、私同様音大を目指す
まさに同士となったの。でも、同士といっても土浦君の場合私よりも基礎が
きちんとあるから先生達からは、そんなに無謀だとは言われなかったみたい。
私の時は凄かったから・・・。

「そういえば、さっき金ヤンが昼休みに俺とおまえで音楽室にこいってさ。」
「えっ!?私も??」
「ああ。二人でこいって。」
「なんだろう??」
「俺に聞くなよ。まぁ、行けばわかるさ。」
「そうだよね。」
でも本当なんだろ~

昼休み土浦と金澤の待つ音楽室に向かっていた。
「面倒なことじゃなきゃいいけどな。」
「ホントだよね。これ以上は色々無理だよ~」
「『トントン』失礼します~。」
ノックして音楽室の中に入った。
「お〜。よく来たな」
中には相変わらず無精髭の白衣姿の金澤が待っていた。

                        つづく。


あとがき
やっぱりなかなかすすまない。もっとサクサクいきたいなぁ~
次こそは。月森君は当分出てきそうもありません。
ごめんなさい(-_-;)

                   だっち2011・6・9

 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
だっち
性別:
女性
職業:
主婦
自己紹介:
異国在住の平凡主婦です。
カウンター
最新コメント
[05/25 詩織]
ご協力お願いします
お気に入り
「華ヤカ哉、我ガ一族」公式サイト 「華ヤカ哉、我ガ一族」公式サイト 「華ヤカ哉、我ガ一族」公式サイト
忍者アナライズ
Copyright ©  異国の主婦の妄想空間  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Template by tsukika忍者ブログ [PR]