忍者ブログ
主にネオロマ、乙女ゲームの二次、夢小説を連載しております。
 91 |  90 |  5 |  4 |  3 |  2 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

初月×日の二次小説です。
コルダ2アンコールの続きのようなお話になっています。
未熟な文章ですがよろしければ続きをどうぞ

月森君が日本を離れて一ヶ月が過ぎました。
私は目下音大に向けて猛勉強中です。普通科から音大を受験するのは、(しかも音楽歴の浅い私が)
かなり無謀と言われしまったんだけどこのリリから貰った音楽とヴァイオリンをもっと頑張ってみたくて、
先生たちに無理を承知で頭を下げまくってお願いした結果
なんとか協力してくれると言ってくれたの。
もっともっと頑張らなきゃね〜!!
異国で一人で頑張っている彼に負けないように。

「でもさ・・は~。」 
今日何度目かわからない大きなため息をついた。
「どうしたの??朝からそんな大きなため息ついてさ。」
と、登校途中後ろから声を掛けられる。
「えっ?!天羽ちゃん・・・。おはよう」
急に話しかけられ少し驚いている香穂子の隣に並び
「おはよう~。それより大丈夫?何か悩み事?」
少し心配そうに香穂子をみている。
「うん。ごめん、ごめん。なんだか色々煮詰まっててさ・・。」
「そうなの?あんま、無理しない程度にしなよ。でも、もし何か悩み事があれば相談に乗るからさ!
あっ!でも、そういうのは彼氏に相談したほうがいいか。ねっ。そういえば元気でやってるの彼氏?」
ニヤニヤしながらこっちを見ている。
心の中でまたおおきなため息をつく。
おそらく天羽の言っている彼氏とは、月森の事のなのであろうが香穂子には
どう答えていいものなのか分からなかった。

実はここ一ヶ月というか留学してから連絡をしたのは一度きり。。
しかも、無事に着いたのかどうかの連絡のようなメール一回。
彼からも同様無事に着いたというメールが着たきりだった。
これで、付き合ってるという事になるのか??自分が月森の中でどういう立場なのかそんな
くだらない(?)こと彼に聞けるはずも無く・・・。
今彼が大変な状況の中必死に頑張っているであろう
そして、なれない環境中疲れているのではないかと考えると
邪魔してはいけない。
そんな気持ちも余計に連絡させずらくさせていた。 


そして、いつのまにか時間だけが経ってしまっていた。

 


                            
                             つづく。

 

 

あとがき
どうでしたか?文章になってたかな??? 
思っていた以上に文章にするって難しい。
しかも、香穂ちゃんと天羽ちゃんしか出てこなかった・・。
こんな感じで進んでいきます
よかったら感想待ってます(^_-)-☆ 
                           だっち 

 

 

 

 

 

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
だっち
性別:
女性
職業:
主婦
自己紹介:
異国在住の平凡主婦です。
カウンター
最新コメント
[05/25 詩織]
ご協力お願いします
お気に入り
「華ヤカ哉、我ガ一族」公式サイト 「華ヤカ哉、我ガ一族」公式サイト 「華ヤカ哉、我ガ一族」公式サイト
忍者アナライズ
Copyright ©  異国の主婦の妄想空間  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Template by tsukika忍者ブログ [PR]